イベント情報

【終了しました】casa cago OPEN HOUSE

家づくりを学ぶ

2018年5月13日 13:00〜16:00

集合・駐車場/CINCA・Design Labo

終了しました。多くのご来場ありがとうございました。

6畳をつなげて作る“平屋”の暮らし

必要な部屋の数だけで、組み合わせて作る“平屋”の住まい。

高い建築費を払いながら、物置と化す部屋がある。

空いているのに、なぜか使われない場所がある。

余計なものが多すぎる、これまでの家づくり。

そんな視点で開発されたcasa cagoは

6畳のcagoを、暮らしに合わせて「組み合わせる家」。

ライフスタイルにフィットした住まいが、本当の豊かさを連れてくる。

casa cagoで、より自由な人生を手に入れよう。

 

敷地やニーズにあわせて可変する平屋の住まい。

1カーゴ=6畳。最小単位のピースを組み合わせた多様性に富むプランバリエーション

日本人にとって6畳という広さはイメージしやすく、使いやすい、ちょうどいいサイズ。

casa cagoは、この6畳を最少単位の1カーゴと決めました。

家族構成、暮らし方、土地形状、ロケーションなど、条件やニーズに合わせて家のカタチや部屋数が選べます。

たとえば1つのカーゴにデスクとベッドを置けば子供部屋に、2つ合わせればダイニング&キッチンに、3つ並べればLDKになどなど、組み合わせ方次第で、どんな暮らしにもフィットする快適な空間が生まれます。

自然素材の平屋を、手の届く価格で。

これまでの平屋は、広い敷地でないと建てられない、

屋根と基礎にコストがかかるなどの理由から、割高なイメージがありました。

casa cagoは平屋を規格化することで、高品質・低コストで提供することに成功。

平屋構造は近年頻発する地震に強く、安心・安全に暮らせます。

 

外壁には、自然な風合いの塗り壁と張り方にこだわった杉板の組み合わせ。

サイディングにはない優しい質感と経年変化による味わいが魅力です。

柔らかなパイン材の床は、素足で歩いても、直に座っても心地よい肌触り。

美しく洗練されたデザインの中に、温かみのあるナチュラルな空間を構築しました。

庭とのつながりが暮らしを何倍も楽しくする。

外を眺めながら、遠くの風景や庭の草花を愛でる、

家族や友人たちとバーベキューを楽しみ、一人でゆったりとしたティータイムを過ごす。

室内のリビングから、デッキ、そして外の庭へ。

casa cagoだからこそ可能になった、自然や大地に近い暮らし。

屋根のついたデッキは、オールシーズン&全天候型のまさにアウトドアリビング。

庭とつながる空間が、暮らしを何倍も楽しくします。

開催概要

■日時:5月13日(土)13:00〜16:00

■会場・駐車場:高浜市湯山町2-3-8 「CINCA Design Labo」

■予約締切:5月9日(水)

お早めに予約フォームまたはお電話にてご予約ください。

カーナビをご利用の方は「モスバーガー三河高浜」と検索していただくと会場付近までお越しいただけます。

map